ヒトデの骨はどんな形?

先日、ちょっと砂浜で一人ビーチコーミングしてきました。ビーチコーミングは、海岸で漂着物などを拾うなどすることです。

1時間の成果はこんな感じ

かなりたくさん種類がとれたので、この日はるんるんで家路につきました^^♪

そして、、、帰宅後。

このヒトデの仲間(たぶんトゲモミジガイの仲間)をデジタル顕微鏡で観察してみました。

これを使うと、なんと!

 

こんな感じす!って、私の興奮は伝わっているのでしょうか?
ちょうど上の写真の右下部分のアップなんですが、ヒトデの仲間って骨片(こっぺん)と呼ばれる小さな小さな骨が集まって体の形を作っているんです。その骨片の形はヒトデによって違うんですが、今回見たヒトデはなんと・・・!

骨片がお花型!なんて可愛いでしょう!!
と、テンションが上がってついつい投稿してしまいました(笑)

最近は安価でデジタル顕微鏡が手に入るので、身近なものを観察してみると思いがけない発見があるかもしれません^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です