ピザを焼いてみた!

那珂川町の南波多地区にある「南面里野営地」でピザを焼いてみた♪

去年、耐火レンガ製とペール缶製の2種類のロケットストーブを作りました。
どうにかしてそれらを合体させてピザ窯ができないだろうかと年末から思考作がしておりました。
耐火レンガはモルタル等では固めていないので取り外し可能な状態です。なのでいろいろな形に組み替えて燃焼実験を繰り返しておりました!

年末の実験を経て、今回なんとかカタチになりました!

ダブルロケットストーブ構造^^
煙突効果で温まった空気が排出されてしまうというデメリットは残りますが、燃焼効果は抜群なので予熱作業で窯(レンガ)自体を温めるには効果的かと!

というわけで、ちょっと市販のピザを焼いてみようとw

 

ピザを焼くには最低でも窯の中を200℃まで上げないといけないので、
ガンガン薪をくべて、ガンガン加熱!!

 

加熱中の熱量がもったいないので、ヤキイモを焼きながら予熱!
焦げることもなく、中までふっくらとしたヤキイモができました^^
ヤキイモ器としては、かな〜〜り優秀な気がします!!

 

窯内も300℃を超えてきたので、ピザを投入!!
4〜5分でふっくら焼きあがりました^^
これならピザパーティーもできそうですね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です