『森のいきもの』実施

今月のネイチャーダイブは、中ノ島公園で「森のいきもの」をテーマに遊びました^^

春と鳥」にも参加されていた親子や、ふれあいこども館の「かたらんね野遊隊」に参加されていたお子さんなど、ほとんどの参加者さんがリピーターばかりでした!また、お友達家族も誘って参加して頂けたりと嬉しい限りでした♪

5月のネイチャーダイブ「森のいきもの」 – Spherical Image – RICOH THETA


今月のリーダーは、エッケが担当しました!

恒例の元気メーターチェックから始まり、エッケの服装が変化したところを探すゲームを開始。

「メガネが逆!」「ズボンがめくれてる!」「お腹が出てる!デブってる!」「いやお腹はずっとででとるし」「半袖になってる」などなど、いろいろな箇所を近距離で指摘され、序盤からこども達にとりかこまれ圧倒されるエッケ!(笑)

エッケの変化を観察したあとは、今度は森の中を観察!

みんなにカードを配り、書いてあるものを探してもらいます!
「カニ」「ちょうちょ」「クモ」などなど森のいきものを見つけます。
最初は親子で探し回っていた子たちも、最終的に協力しあってみんなで見つけていました^^

クモの子の大群がいたり、珍しい虫がいたり、カードには書いていない いきもの を見つけたり!
楽しく森の中を観察できました。

たくさん見つけたよ!っとカードも見せてくれました^^

 

次は場所を変えて、生きもののコンセキを探します。
虫食いの葉っぱや抜け殻、ツバメの巣や糞などなど発見!
コンセキじゃないですが、アメンボやオタマジャクシ、ちっちゃなエビまで発見♪
こども達はいろいろなものを発見してくれる名探偵ですね^^

そして、神社の杜へ

 

 

まめちゃんが杜に隠した「プラスチック」や「布」で出来たものを探します。
最初のヒントは「まめちゃんの手の届く高さまでの場所にある」だけ。

途中でヒントを出しますが、なかなか全部は見つけれません!
「小さいもの」「大きいもの」「色はいろいろあります!」

答え合わせして、「この辺りにあります」と伝えても、すぐには見つけにくいものまでありました^^

一番見つけにくかったのはコレ↓↓↓

カピバラの人形!!
周りに似た色の落ち葉多かったせいか「ここにカピバラの人形があります!」とお伝えしても分からなかった人が多かったです。

森に溶け込んだモノを見る目が養われたところで、今度は自らが森の中に隠れる!!

「なんであの人は見つけやすいっちゃろか?」
「あの人すぐ見つけれるもんね^^」
「あ!黄色いシャツの人がいた!!」

帽子を脱ぐ人、シャツを脱ぐ人、音がなるものを外す人。
何度かかくれんぼしているうちに、見つけやすい人がどうゆう人なのかがわかってきたようです。

 

最後に今日の振り返りとして、
「痕跡」「捕食者」「獲物」「保護色」「擬態」のキーワードを伝えました。
小さな子には難しいキーワードだったかもしれませんが、きっと遊びを通して文字の意味は伝わったと思います^^


さーて、来月のネイチャーダイブは「雨と音」です!
6月は、なんと晴れたら中止雨プログラム

雨ガッパと長靴でご参加下さい!お楽しみに♪

【06/24】6月のND「雨と音」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です