4月のNDわくわく森あそび

2019年4月28日(日)
那珂川市の南畑にある日吉神社の杜でネイチャーダイブ「わくわく森あそび」を開催しました。先月に引き続き4才〜小学2年生レベルの内容でプログラムしました。

天候は曇りで雨が心配でしたが、対象より低い年齢の弟妹さんも加わって、6家族 総勢16名が参加してくださいました!
今回のメインリーダーはまめ、サブリーダーにエッケ
サポーターはつばさです。

いつもの元気メーターチェック!
みんな元気いっぱいで参加してくれました^^

まずは中ノ島公園 四季彩館そばの広場でお宝さがし!
リーダーまめが出したお題を探してもらいます^^
いくつか見つけてもらったところで、小雨がパラパラ・・・
予定をちょっと早めて、雨のあたらない森の中へ移動することにしました。

目隠しをして一列で、しゃべらず静かに森の中へおじゃまします。
ドキドキしながらゆっくりゆっくりと一歩ずつ進みました。
川の音、ふわふわした土の感触、落ち葉や枝を踏む感触感じてもらえたかな?

目隠しして森を歩いた感覚は人それぞれで、森の音がしみた人、目隠しが楽しかった子、目隠しが怖かった子、なんだかわからないけどわくわくした子などなど。。

今度は森に落ちている〇〇な葉っぱを探してもらいました。
「穴が空いている葉っぱ」「なるべく丸い葉っぱ」「いろいろな色がある葉っぱ」などなど

みんなでいろいろ探して、たくさんの葉っぱが集まりました。
どれが一番多く穴があいてるかな?丸いかな?色がたくさんあるかな?
集まった葉っぱの中から、一等賞をみんなで決めました^^

リーダーをエッケにバトンタッチして、つぎは動物のマネ歩きです。
カエルはどんな歩き方だろう? → ぴょんぴょんジャンプ
ネズミはどんな歩き方? → 小さいからちょこちょこ歩く
キツネは? → ダッシュで速い!

さらにキツネについて子どもたちに聞いてみます。
キツネって何を食べてるんだろう?
どうやって狩りをしてるんだろう?
ちょっとキツネになってネズミを食べてみよう!

みんなノリノリで野生生物になりきってます^^
ネズミに気付かれないようにそ〜〜っと近づく大量のキツネ!!
1匹のネズミを14匹のキツネが狙います。いやぁ、ネズミ役は怖かったでしょうね(笑)

そして、最後のアクティビティは子どもたちに大人気の「いつものキツネとネズミ」です。今度はキツネ数匹VS大量のネズミです!

大人も本気でした(笑)
隠れたり、フェイント使ったり、おとり作戦だったりと、いろんな手を使ってみんな生き抜いています!

最後は、この日に体験したことをふりかえりました。

目隠し歩きをしたり、葉っぱを集めたり、野生生物になって森の中を駆け回ったりして遊びましたが、みんな思いおもいの気づきがあったようです。今回の体験を機に、自然や野生生物により関心を持ってもらえればなと思います。
またみんなで森あそびしましょう^^♪


Nature Dive Labは、幼少期に自然や野生生物を通じて子どもの心を育む体験イベントを行っております。子どもたちに自然体験活動へ参加する機会を増やすには、 自然や野生生物に関心を持つ家族が増えることが重要と位置づけ、親子参加型の体験イベントを実施しております。
毎月第四日曜日にNDL主催の体験型イベントを実施しておりますので、ぜひご家族でご参加ください。次回は5月26日(日)を予定しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です