3月のND野外でさんすう

毎年3月はスウェーデンの野外教育教材「野外で算数」を実施しています。
いつもより対象年齢は低めの4歳〜小学校低学年対象のプログラム。
ありがたいことに野外で算数は毎回満員御礼です^^
今回も、小雨にも関わらずたくさんの家族が参加していただきました♪


中ノ島公園の四季彩館前に集合し、こもれび広場で準備運動&アイスブレイク♪
最初は、こもれび広場に落ちている枝や葉っぱなど、
お題にあったものを家族で探してもらいました。

続いて、ネイチャージャンケン!
バンダナ袋の中に集めてもらったモノたちで勝負です!
各家族のバンダナ袋に入っているものの中で、
一番お題に近いものを出してもらいます。

何を出すかは家族会議で決めてもらいます^^
そして、決まったら他の家族に見えないように隠して舞台に集まります!

勝負の合図は「ネイチャーダイブ!」の
「ダイブ」の掛け声と同時にだしてもらいます!

ネイチャーーーーーーーーーー、、、ダイブ!!

お題は「ちいさい」「ながい」「おもい」「まるい」などなど
熾烈な戦いが繰り広げられました^^

続いては「立体」遊び。
まずは色々な形を見てもらい、

そして、みんなで協力して立体を釣り上げる♪

目当ての立体をみんなで協力し釣り上げて移動させます。
最初は大人にも手伝ってもらいましたが、最後は子ども達だけで達成!!
上手に声を掛け合い、立体を移動させることができました^^

いろいろな種類の立体に興味をもってくれたようで、
「ピラミッドみたい!」「アポロみたい」「球根みたい」などなど
似てる形をふりかえりの時間で教えてくれました。

続いて、ヒモと同じ長さを探してもらいました。

木の幹の太さや身長、枝の長さや石の周囲などなど、
1メートルのヒモと同じ長さのものを次々に発見!!
エッケのお腹周りも1メートルだったのは秘密です・・・

次はヒモを2つ使って、2メートルを測ってもらいました!

2メートル先にある木を倒す「ナンバーストライク」で遊びました^^
「モルック」というフィンランドのスポーツを
小さな子でも楽しめるようにルールをアレンジして遊んでいます。

得点の計算方法が足し算であることと、
勝つための戦略に計算が必要なので、おのずと算数を使って遊んでくれます^^
子ども達にとっては、投げて・倒す!ってことだけでも楽しめたようで、
アンケートでも「木を倒すのが楽しかった!」が一番多かったです!

算数を 森の中で遊びながら・体験しながら学ぶことで、
将来算数が好きな子が増えて欲しいと思いながら一緒に遊んでいます。
次回の「野外で算数」は9月に予定しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です