NDLacademic vol.2 「行動学な魚さんたち」

ー2021年7月11日に実施した企画のまとめ記事ですー

\ 出演者 /
◼ゲストティーチャー
河端 雄毅さん
(長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科)
◼ナビゲーター
井上恵理子
(フリーの研究者。まめラボ主催)
Twitter|@AwauLab
◼アシスタント
夏目 ちひろ
グラフィック・アーティスト 虚虎

ー配信内容ーーーーー
00:00:00 オープニングトーク
00:01:40 NDLacademicって?
00:04:00 ゲストの河端さん登場
00:06:49 河端さんスライドトークスタート
    ・ウナギの逃げ方
    ・逃げる方向を数学で説明
    ・カニの逃げ方
00:42:52 ○✕クイズでゲストに迫る!
00:45:07 「逃げる方向」がわかると先回りできる?
00:46:37 英語は書くよりしゃべるほうが得意?
00:47:31・カニはもともと横歩きではなかった!?
    ・アサヒガニが美味しいらしい話  
    ・飼育実験した動物のその後。。。
00:51:04 生き物をみるとつい逃げる方向をみてしまう!?
    ・追跡も実は気になっている話
    ・流れもにつくブリの稚魚を観察した話
    ・実はハイテクな河端研究室
00:54:29 ・魚はどうやって寝ている?
    ・行動観察のコツは?
    ・生きものの行動研究をする時は、
     ヒトに置きかえたりする?
    ・大学受験や高校生活はいま役立っている?
    ・行動研究の中にある曖昧さはどうしている?
    ・行動生態学を研究する意義って?
    ・行動からその目的を探るには?
01:11:29 なぜ研究者になったのか?
01:18:27 魚の研究者になるには?
01:22:19 どうやって疑問をもつの?疑問の持ち方
01:26:17 自由研究にお勧めの行動学研究は?
01:30:22 次回予告
ーーーーーーーーーー

★出演者紹介&事前トークの様子(約5分の動画です)

主 催:こととば那珂川
共 催:Nature Dive Lab
後 援:那珂川市、那珂川市教育委員会、春日市教育委員会
協 力:那珂川市図書館、cafe Ruruqmiwanote

次回のNDL academicは雲☁

10月3日(日)「気象学な雲さん」
雲研究者 荒木健太郎さんをお招きします!詳細はこちら

<ご不明な点、お問い合わせはこちらから>
こととば那珂川(OPEN 10:00〜18:00)
TEL 092-710-2003 / Email mail@cototoba.com

NDL academicとは、若手研究者とオンラインでつなぎ、トークを通じてその人の考え方や視点を知るトーク企画です。研究の話はもちろんのこと、人生経験や暮らしの中の工夫、幼少期の思い出などその人自身に注目してお話を伺います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-02-09-13.33.38-1024x248.png

\企画者より一言/
「考える力」や「自分の考えを表現する力」を求められる事が増えていませんか?学問を軸に、未知の答えを探す「研究者」の考え方や言葉にふれて、自分にあった考え方を探ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です